漢方内科

contact_tel.pngメールでのお問い合わせ

西洋医学と漢方の両方に保険が効く、
日本の医療制度を活用して健康になりましょう。

当院が漢方を扱っている理由

当院の院長は幼少時、薬剤師だった母の指示で、風邪のときには葛根湯を飲んでいました。また、医学生時代に西洋医学を学ぶうちに、西洋医学では説明がつかない病変に漢方で対応可能なケースがあることを知り、熊本大学の「東洋医学研究会」に所属するなど、東洋医学に興味を持ち、積極的に学んできました。
また、医師免許取得後、地域の基幹病院で勤務している間も漢方を治療に取り入れてきました。しかし、西洋医学の大きな病院では、患者さまに処方できる漢方薬の数が圧倒的に少ないのが現状です。
当院の院長が個人で開院した理由の一つに、「より多くの漢方を扱いたい」「もっとさまざまな漢方を提供して患者さまのお困りごとをラクにして差し上げたい」という思いがありました。

西洋医学と漢方の違い

西洋医学は基本的に、症状に対して薬を処方する対症療法です。西洋薬は有効成分が単一のため、特に「熱や痛みを止める」「感染症の菌を殺す」「血圧を下げる」など一つの症状や病気に対して、速く強く効くというメリットがあります。
一方、漢方は病気を身体全体の不調和ととらえ、正しく整えることを目的としているため、漢方薬を飲み続けることで体質の改善をはかり、根本から身体を治し、やがて薬から離れられるというメリットがあります。患者さま一人ひとりの不調の原因を探り、オーダーメイドの処方ができるのも漢方のよいところです。
たとえば、西洋医学による治療で効果が見られなかった患者さまでも、漢方なら効く薬があるかもしれません。せっかく西洋と漢方の両方ともに保険が適用される日本に住んでいるのです。日本の医療を有効に使わない手はありません。西洋医学だけであきらめずに漢方を一度試してみませんか?

漢方が得意な病気・症状

日本人は欧米人に比べ、アルコールを分解する酵素が少ないというのは有名な話ですが、やはり人種により体質や適したお薬に差異があることは事実です。西洋医学の薬は西洋人の身体や体質に向いており、漢方は東洋人に合うという側面があります。特に、冷えや肩こり、更年期障害といった「血行」に関する東洋人に特徴的な病気に漢方はよく効きます。

  • 慢性的な痛み(腰・膝・頭痛、坐骨神経痛、リウマチなど)
  • 女性特有の症状(更年期障害、月経不順、月経痛、冷え性など)
  • 高齢者の病気(認知症、排尿障害など)
  • アレルギーを原因とする病気(アトピー、花粉症、気管支喘息など)
  • ストレスで悪化する病気(不眠、自律神経失調症など)
  • 術後の体力低下、虚弱体質(体力増強、免疫力回復など)

当院の漢方の診察の流れ

長い歴史を持つ漢方には、元来の中医学の流れを汲むもの、日本において独自に発展したもの、大きく2つのタイプがあります。
当院の漢方治療は、西洋医学的なアプローチで病気を診断し、その病気に対してもっとも合った漢方薬を処方し、経過を観察するといった治療となります。

よくある質問

Q

西洋薬と比べて効果が薄いということはありませんか。

A

西洋医学で用いる薬は化学物質であり、「早い」「強い」という特徴があるため、西洋薬に比べると確かに漢方薬は効果が薄いと感じられる場合もあります。しかし、それは薬によりけりで、例えばアレルギー性鼻炎や喘息などに用いる「小青竜湯」は、飲んですぐに花粉症の方でもぴたっと鼻水が止まるなどの強い効果を発揮します。

Q

苦い、飲みにくい、というイメージがありますが、飲みやすい漢方はありますか。

A

当院もそうですが医療機関で処方される漢方薬は、現在では顆粒状のエキス剤が主流であり、ほとんどの方が問題なく服用することができます。顆粒が苦手という方には錠剤もありますが、服用数が1日12~24錠などと、かなり多くの数になります。

Q

煎じて飲むのでしょうか。面倒で続けられそうにありません。

A

漢方薬は、植物、鉱物などの生薬を組み合わせて調合したもので、元はそれらを煎じたものです。
現在でも煎じ薬を提供している薬局もありますが、当院をはじめ、多くの医療機関で処方されるのは、煎じ薬を濃縮・乾燥した顆粒状のエキス剤ですので、自分で煎じる必要はありません。一般的な粉薬と同じように飲むことができますが、できれば白湯に溶いて飲んだり、白湯で服用すると、より効果が高まるといわれています。

Q

長期間飲まないと効果は出ませんか。

A

風邪を引いたときに葛根湯を服用してすぐに効いた経験がおありではないでしょうか。漢方薬にはゆっくり効くというイメージがあるようですが、実は薬によって異なり、アレルギーなどの体質改善を目的とした漢方薬は長期間の服用が必要ですが、そうではなく風邪などの急性症状があるときには、数時間で即効性が期待できる薬もあります。

Q

副作用の心配はありませんか。

A

西洋薬に比べると少ないとはいえ、漢方薬にも副作用がないわけではありません。服用時の体調や薬との相性によって、吐き気や胃の不快感、薬疹や肝臓へのダメージなどの副作用が見られることもあります。しかし、生薬の組み合わせは長い歴史により効果が検証されており、重大な副作用をもたらす可能性がある薬であれば、これまでに排除されているという安心感はあります。

Q

妊娠中でも飲めますか。

A

妊娠中や授乳中の方のご相談が多いのが漢方薬の特徴です。飲めるものと飲めないものがあります。例えばインフルエンザに効く「麻黄湯」などは母乳から移行して赤ちゃんの鼻水が止まることもあります。

Q

子どもでも飲めますか。

A

年齢に応じて量を減らすことで、お子さんでも服用することができます。

院長ブログ