一般内科

contact_tel.pngメールでのお問い合わせ

生活習慣病の予防と対策に力を入れ、
理想的な「ピンピンコロリ」をサポートします。

一般内科では、よくある風邪のほか、高血圧・高脂血症・高尿酸血症・通風・糖尿病・骨粗しょう症といった生活習慣病を主に診察しています。

当院の風邪の治療

当院ではまず、風邪で来院された患者さまには「どうやって治したいか?」、ご本人のご要望を伺います。というのは、当院では西洋医学による治療だけでなく、漢方治療も提供しており、両方の見地から最適な医療を選択し、患者さまにご提供できるためです。
風邪の7割以上がウイルスによるもので、ウイルス性の病気は、反応として熱が出ます。発熱すると体力を消耗するため、解熱剤で熱を冷まし、消炎鎮痛剤で咳や喉の腫れを抑える。これが西洋医学の治療です。患者さまから圧倒的に多い、「早く治したい」というご要望を叶えるものです。
一方、自身の免疫力を重視し、「できれば薬を使いたくない」という患者さまもいらっしゃいます。漢方では熱を病気に対する反応熱ととらえ、西洋医学とは逆に熱を引き上げることで免疫力を活性化させて病気を治していきます。風邪のひきはじめに用いられる代表的な薬には、「葛根湯」「麻黄湯」「桂枝湯」などがあります。
仕事や重要なイベントがあるから早く治したい、できる限り自分の力で治したい。当院は患者さまのどちらのご希望にも沿うことができます。お気軽にご相談ください。

当院の生活習慣病の治療

生活習慣病は、血圧や骨密度などの各種データの規定範囲を超えたことを異常として病名をつける、西洋医学的な病気です。そのため薬も西洋医学のものが中心となります。
生活習慣病の原因は圧倒的に食事内容と運動不足です。当院には土地柄、40~60代の現役世代の患者さまが多くいらっしゃいますが、仕事の忙しさなどを理由に、野菜不足となる外食や、またはコンビニ、スーパー等の手軽な弁当・惣菜で食事を済ませる方が圧倒的に多いのです。また、仕事終了後や休日は疲れ果て、運動する時間がとれないという方も多くいらっしゃいます。
そのような生活習慣がまさに「生活習慣病」の呼び水となります。そのため当院では、「食事」と「運動」を2本柱に、生活習慣病を予防・改善する生活上のアドバイスも行っております。

和食中心の食事と運動のすすめ

食事はパンよりご飯を主食とする和食がおすすめです。できれば精白米ではなく玄米がベストですが、おすすめなのが、五分づき、七分づきです。米穀店で簡単に精米してくれます。栄養を豊富に含むお米の糠をぜひ食事でとっていただきたいのです。糠には食欲の抑制効果もあるといわれており、ダイエットにも効果的です。
また、「腸内環境」を豊かにして病気になりにくい身体にするために、納豆や味噌、漬物といった日本古来から伝わる発酵食品を積極的にとり、腸内の菌を増やすこともおすすめしています。このあたりはまだ研究が進められている段階であり、随時、最新情報を入手して患者さまにお伝えしています。

高血圧や心筋梗塞をはじめ、生活習慣病は主に血管の病気ですから、血管の柔軟性を保つために「適度に負荷をかける筋トレ」という意味で、やはり運動も欠かせません。

骨粗しょう症

当院では生活習慣病の一つという観点から、「骨粗しょう症」の予防・治療にも力を入れています。
九州中央病院の放射線科で検査を行い、そのデータを元に注射や飲み薬など、年齢と骨密度に合わせた最適な治療をご提案いたします。現在は、1日1回自己注射で投与する薬が新たな骨粗しょう症治療薬として注目を集めています。

当院の生活習慣病への考え方

血管がもろくなることで起こる脳梗塞や心筋梗塞、骨がもろくなる骨粗しょう症など、生活習慣病は、身体の器官がもろくなり、重大な病気の危険性が増してはいるものの自覚症状はない状態です。
つまり、病気の一歩手前、病気になる前の「未病」の状態です。さまざまに考えられる先々のリスクを回避するために、当院にお越しいただいた患者さまには、病気になる前の「今から行える」身体のメンテナンスや改善のためのアドバイスや治療を行います。
重大な病気にかかり、自分で思うように動けなくなってしまっては、人生を楽しめません。当院では、生活習慣病の予防と治療を通じて、天寿をまっとうする直前までお元気に活動する、理想的な「ピンピンコロリ」をサポートします。まずは現在のお身体の状態を正しく把握するために、気になる症状の検査と健診にお越しください。

当院で可能な検査

  • 胃・十二指腸内視鏡検査
  • 大腸内視鏡検査
  • 腹部超音波検査
  • 血液検査各種
  • 心電図
  • 腹部・胸部レントゲン撮影
  • 尿・便検査など

福岡市が行っている健診※令和元年10月現在

胃がん検診/1,800円(税込)

福岡市在住で、勤務先などで検診を受ける機会がない満50歳以上で今年度の年齢が偶数の方が対象です。70歳以上は無料です。当院では内視鏡検査(胃カメラ)での検査になります。

大腸がん検診/500円(税込)

福岡市在住で満40歳以上の方が対象です。70歳以上は無料です。ご自宅で2日間便を採取し、その中に血液が混ざっていないかを検査します。

前立腺がん検診/1,000円(税込)

福岡市在住で満55歳以上の方が対象です。2月・10月のみの実施です。血液検査となります。

よかドック/500円(税込) 福岡市国民健康保険にご加入の満40~74歳の方が対象です。身長・体重・腹囲計測・尿検査・血圧測定・心電図検査・血液検査をいたします。受診は1年度に1回となります。
よかドック30/500円(税込) 今年度中に満30~39歳になり、職場等で同等の健康診断を受ける機会のない福岡市民の方が対象です。身長・体重・腹囲測定・尿検査・血圧測定・問診・血液検査をいたします。受診は一年度に1回となります。

 

各種健診に関する料金表※令和元年10月現在

  • 健康診断 基本料金(問診、診察、身長、体重、視力・色覚検査、診断書発行) ¥2,800(税込)
  • 検尿 ¥500(税込)
  • 胸写 ¥1,000(税込)
  • 心電図 ¥1,000(税込)
  • 聴力 ¥500(税込)
  • 血液検査 ¥1,100(税込)
  • HbA1c(糖尿病) ¥1,100(税込)
  • 色覚検査(別途記載が必要な詳細な検査)¥1,000

各種健診に関するお問い合わせ

※検査によっては事前の準備が必要なものもあります。詳しくは一度お問い合わせください。

ご不明な点がありましたら、連絡先 092-559-5211までお気軽にお問い合わせください。

FAX(092-559-5212)やメール(お問い合わせフォーム)でも受け付けております。

抗体検査に関する料金表※令和元年10月現在

任意検査になりますので、保険適応はなく自費の検査になります。すべて正確なIgG法で実施します。
診断料 ¥2,200

  • 風疹(三日はしか)検査 ¥1,600(税込)
  • 麻疹(はしか)検査 ¥1,600(税込)
  • 水痘(みずぼうそう)検査 ¥1,600(税込)
  • 流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)検査 ¥1,600(税込)
  • A型肝炎ウイルス抗体 ¥500(税込)
  • B型肝炎ウイルス抗原 ¥500(税込)
  • B型肝炎ウイルス抗体 ¥1,000(税込)
  • C型肝炎ウイルス抗体 ¥500(税込)

※抗体検査は「診断料+検査料」となります。診断書をご希望の場合は別途¥500が必要です。
※診断料は1回の検査につき1回料金がかかります。
例えば1回の検査で「麻疹」と「風疹」を検査した場合、¥2,200 + ¥1,600 + ¥1,600 =¥5,400となります。

陰性(抗体がない)の場合、ワクチン接種も当院で可能です。
  • 麻疹ワクチン ¥6,800(税込)
  • 風疹ワクチン ¥6,800(税込)
  • 水痘ワクチン ¥10,500(税込)
  • 流行性耳下腺炎 ¥6,800(税込)
  • 麻疹・風疹混合ワクチン ¥12,600(税込)

※ワクチンの接種証明書 ¥500(税込)

※取り寄せになりますので2日前までにご連絡ください。
※福岡市の定期予防接種としてのワクチン接種は行っていません。ご了承ください。

流行性の高いインフルエンザや肺炎球菌のワクチン接種も行っております。

  • インフルエンザ ワクチン ¥3,500(税込)
  • 肺炎球菌ワクチン ¥8,400(税込)

※肺炎球菌ワクチンは予約制となります。詳細はお電話 092-559-5211 にてご連絡下さいませ。

〈お知らせ〉

福岡市は平成26年10月より、高齢者肺炎球菌ワクチンの予防接種費用の助成を始めています。対象者が年齢によって限られています。
詳しくは以下の福岡市のホームページをご覧いただくか、福岡市保健福祉局健康医療部保健予防課 (092-711-4270) に直接お問い合わせください。
平成27年5月1日現在、肺炎球菌ワクチンの供給量に問題はありません。接種希望の方はご予約の上、ご来院いただきますよう、よろしくお願いします。

院長ブログ